ソボクな疑問: 教案って、ほんとに必要なんだっけ?

school_print_kubaru

「教案(きょうあん)」。

ググると、こんな感じ。

きょうあん
教案
 授業の目的・方法などを書いた予定案。学習指導案。
 そう、つまり、その授業のゴールは何で、どんな時間配分でどんなことをやるの? 注意点は?
使う教材は? などなど、つまり、自分の授業計画書ですね。

日本語教師はこの教案をきちんと作らなきゃいけないと言われていて(暗黙の了解)、人によってはその作成に[とてつもない時間]をかけられている様子。

それが2017年11月初旬に、とある日本語教師の方がTwitterでアンケートをとった結果なんだけど、なんと! 80%の方が「1日の授業の教案作成に、まるまる1日かけている」というもの。

kyouan

・・・・? えっ!? マジで・・・?

もし仮にそれが本当だとしたら、1週間授業するのに、「教案」作成するだけで、+1週間もかかるということ?? 一体いつ寝てるんですか? っていうか、「教案」だけにそんなに時間かけますか?という話。

だって、自分は ほとんど「教案」作らないでやるから・・・。

「教案」ってライブコンサートのセットリストみたいなもので、あとは授業(LIVE)の中での空気感や生徒の反応次第でいくらでも変更せざるを得ない。そう、動的にその場で変更してなんぼなんですよ、「教案」は。生徒も授業も生きものなんだから。

ざくっとやるべきことだけ箇条書きでメモしておいて(しかも自分が読めれば良い! ⇒ここ重要)、教材がつまったフォルダをラップトップでひととおり確認しておけば、もうそれで授業はできるはず。いや、できなきゃだめでしょう?

ぼくもまだ日本語教師として駆け出しのベトナム勤務時代、当日の朝、急に同僚の講師が病欠になって自分が代講することに。授業開始の20分前くらい。しかも一回も入ったことのない、見知らぬベトナム人大学生20人のクラス。

スタッフから言われたときは、正直、一瞬固まったけど・・・、でも、やるしかないでしょう、空きの講師は自分しかいなかったし、いつでも代講できることも常勤講師であることの存在意義なんだから。

で、(病欠の人は病院直行だったので、引継ぎもないまま、準備もほとんどなしで)もちろん、やりました。結果、何の問題もなく。ていうか、かえってえらく楽しかった授業となりました。

学生のほうも、いきなり違う先生が来たから興味津々で、お互い活発なQ&Aから始まり、こちらから「で、きみたち今、教科書のどこら辺を勉強してるの?」なんて直球のさぐりを入れつつ、的を絞って、あとは自分なりのやり方でLIVEをするだけ。

いや、やってみたら、できちゃいますから、誰でも。

「いや、自分は教案作成するのに1日必要なので、今言われても困ります・・・」なんて断れます? 学校だって困るし、割を食うのは生徒たちでしょう・・・。

で、いいたいことのまとめ。

job_taiiku_man

・教案なしでも、アドリブでいい授業できるようになりましょう。
 ⇒ えらい時間をかけて、ときにはセリフ回しまで入れた教案を作って粛々とシナリオ通りに授業を進行させようとするのは、はっきり言って、「教師のエゴ」だと思います。教案て誰のため? 学習の主役は、あくまでも生徒。生徒の反応を観察して、生徒の理解度具合によっては別に教案通りやる必要もないんです。生徒の学びにより注目しましょう!
・もっと違うことに時間をかけましょう。
 ⇒ たとえば、もっといい例文用意したり、いいウォーミングアップ考えたり、教材をアップデートしたり、とか、あともちろん自分自身を進化させるためにいろいろな角度で日々情報を仕入れることもすごく重要。授業そのものを改善していくべきであって、教案に時間かけすぎるのは本当に時間がもったいないと思います。

そう考えると、教師エゴの「教案」の呪縛から解き放たれて、もっと生徒に目を向けた、活きた時間の使い方ができるようになると思います。

授業のクリエーターになれるんです! 自分はいま、もう試してみたいことがたくさんありすぎて、ほんと毎日楽しくてしょうがないです。じゃ、またーー。

3件のコメント

  1. […] 前回、教案なしで授業ができるようになろうって書いたけど、ガッチガチの教案作成推進派のベテラン先生たちは、当然のごとく「教案と一緒に、[板書計画]も作りましょう」って言ってる。・・・でしょうね。それが今までの王道だったんだから。 […]

    いいね

  2. […] まるで青空教室みたいですが・・・、でも物理的な空間よりもむしろ、心理的なほうの空間が広がって、みんなストレスなく勉強してます。ぼくら講師陣もLIVE感を大事にして、そのときそのときの空気や変化を捉えて、授業を進めています。だから、講師のセリフまで書いたガチガチの教案って意味ないんですよね。逆にアクティブにダイナミックに変更できるからいいんです。 […]

    いいね

  3. […] まるで青空教室みたいですが・・・、でも物理的な空間よりもむしろ、心理的なほうの空間が広がって、みんなストレスなく勉強してます。ぼくら講師陣もLIVE感を大事にして、そのときそのときの空気や変化を捉えて、授業を進めています。だから、講師のセリフまで書いたガチガチの教案って意味ないんですよね。逆にアクティブにダイナミックに変更できるからいいんです。 […]

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中