教師も授業で失敗していいんです!

max160114164323_TP_V

日本語教師は、一般的に、生徒に「たくさん間違っていいですよ」ってよく言うと思います。

こんなふうに ⇒ 「たくさん間違うから覚えられるんですよ。もし間違わなかったら学校で勉強する必要ないでしょう? 間違うことが勉強です。さあ、たくさん間違ってください!」

本当にその通りだと思います。第二言語は、自分フィルターを通して放ってみた言葉の積み重ね(特に間違った場合にその間違いの原因を知って、正しく言い直してみて口慣れしていくプロセス)でぐんぐん伸びていくものだと思います。どんどん発話して間違いを修正していきながら血肉化していくという学びだと思います。

要は失敗から学ぶということです。ビジネスでも基本中の基本。人生哲学の鉄板でもあります。

じゃ、日本語教師も授業で失敗していいですよね? だめですか?  どうして? 「教師」だから?

日本語教師だけは、特別、ビジネスの世界からも人生哲学からも外れてしまうんですか??

いやいや、そんなことないはずです。日本語教師だって失敗していいんです。

でも・・・お金をもらって教えてる立場なんだし、語学においてネイティブ教師は「絶対」なんだし、失敗したら、やっぱりまずいんじゃ・・・???

失敗=減点1。こういう減点法の「負」のループが、授業を硬直化させていたのでは、と考えています。新しいことを試そうと思えば、必ず失敗する可能性があります。また、今までやって成功したことだって、必ず今まで通りの結果をもたらすとは限りません。

授業に「絶対」はないと思います。どんなに完璧な教案と教材を準備したところで、学習者一人一人の個性が絡むということで変動要素が多すぎて、失敗する可能性はぬぐえないわけです。

[絶対] 誰でも授業の中での失敗はあると思います。ほんとうに、サーッと脂汗が出てきそうな。しかも数えきれないぐらい・・・。そこを何事もなかったようにさらっとうまく切り抜けるメンタルとテクニックのほうこそが、教師にとっては必要なのではないでしょうか。

*****

cut14

オーストラリアの養成講座で学んでいるとき、ベテランの教務主任の先生が、新人先生の教案を何度も何度もチェックしているのを見たことがあります。その先生はいつも不安顔で、自分の教案・教材を教務主任の先生にちょこちょこと何度も持って行って・・・チェックOKが出るのを待ってから授業をしてました。

・・・。

まるで、試験合格して車の運転免許とったのに、車を買った後も教官が助手席に乗り込んできて監視されているような・・・。

でも、免許を取った意味は何なのでしょうか? 自分で運転するために免許をとったわけです。

だったら、たとえ初心者マークでも新人に自由にやらせてあげてほしいと思います。その新人先生を【採用】した時点で他の先生と同じプロとして扱ってあげないと。

(そんなこと言ったって、生徒からお金とって授業するわけだから、新人にいきなり全て任せるわけにはいかないんです!)

それは、実際やらせてみて、生徒の評価や成績を見てからでも決して遅くはないと思います。

企業のほうがよっぽど新人にいろいろな仕事を任せていると思います。一日も早く仕事を通して学んで、戦力になってもらわなきゃ困りますから。

だから、教務主任の先生やベテラン先生が、新人先生のやり方を事前に何度もチェックして正そうとするのは(=従来のやり方通りに標準化しようとするのは)、すごくもったいない行為だと思います。新人先生が自らの失敗で学ぶチャンスをみすみす摘み取ってしまうわけですから。

しかも、教務主任の先生がOKを出す教案・教材は、その教務主任の先生が見てOKということです。でも、結局それは「お師匠さんの言うとおりにやりなさい」という家元制度みたいなものだと思います。ですので、それをあまりに押し付け続けていると、新しい時代に生きる新人先生の創意工夫も無限の伸びしろも全部台無しにしてしまう可能性があるのです。

だから、教務主任の先生、またはこの道のベテランと言われる先生へ。

新人先生がちゃんとできるのかどうか心配だったら、教官のように減点法でチェックするんじゃなくて、ご自身の教案・教材・授業を惜しげもなく公開して、新人先生自身で学べる環境を提供するよう、お願いします!

これで、新人先生の縮み思考もなくなり、余計なストレスもなくなり、スポンジのようにいい部分を吸収しつつ、自分で組み立てた自分の授業での失敗を通して学び、ぐんぐん成長することができます。そして、生徒も先生もみんなハッピーになれると思います。

ぼくは今でもよく授業中に小さな失敗をします。でもその失敗は必ず授業のコマの中で回収できます。それがわかるようになることも、経験なんだと思います。

教師も失敗したっていいんです。失敗すること前提で、常に新しいことを試み続け、失敗してもそれ以上にリカバリーできれば、それで+-ゼロ、いや、++になると思うのです。

じゃ、またーー。

コメントを残す